デジタルカメラ アスペクト比

デジタルカメラの世界だけでなく、パソコンの世界でも耳にするアスペクト比についてまとめてみました。

トップへ

記事一覧

半歩進んだデジカメ入門 トップ

カテゴリー

 

RSS

このサイトでは、壁紙をRSS配信しています。

アスペクト比

 
 

アスペクト比(あすぺくとひ)

アスペクト比 2:3アスペクト比とは、画面の縦の長さと横の長さの比率のことで、たとえばテレビのブラウン管やパソコンのモニターは一般的に3:4。ハイビジョンなどは9:16。
デジタル一眼レフカメラは、2:3で35ミリフイルムカメラと同じアスペクト比になります。
これに対し、コンパクトデジタルカメラは一般に3:4といわれています。

上の画像は、一般の一眼レフカメラと同じ、アスペクト比2:3の画像。

アスペクト比 3:4こちらは、テレビやコンパクトデジタルカメラと同じ、アスペクト比3:4の画像になります。

アスペクト比 9:16参考までに。
ハイビジョンや一部の映画で使われているアスペクト比が9:16の画像です。